看護師のうつ病割合と原因まとめ

001

看護師でうつ病を発症している方はどれくらいいると思っていますか?
多いと思いますか?それとも少ないと思いますか?

最近では、4人に1人はうつ病を発症しています。
全体でいえば、看護師の約5%がうつ病なのです。
みなさんどう思いますか?
そうです。とても多いですよね。
それだけ、精神的な負担が多いということです。

年齢層でいえば20代で常勤勤務をしている看護師が一番うつ病を発症しています。
これは、納得できますよね。
私も新人だった頃精神的な負担が大きく体重も5キロ程度痩せてしまいました。
では、どのようなことが原因でうつ病を発症してしまうのかお話していこうと思います。

001

一番多いのが疲労です。
そんなに疲労を感じるのか?と看護師ではない人は思うかもしれません。
ですが、それだけ精神的な負担を感じる職業です。
先ほども言いましたが、20代の常勤勤務の看護師が一番うつ病が多いことにも納得ができます。

学生から社会になってすぐの方たちは期待に胸を膨らませて看護師になったと思います。
ですが、実際に働いてみると思い描いていた看護師のイメージとは違うというかたも多いと思います。
それは、想像以上に看護師の仕事内容が過酷だからです。
もちろん職場にもよりますが、新人の頃は仕事が思うようにできませんよね。
ですので、残業をすることも当たり前のような環境です。
そして、仕事の内容もシビアなもので患者さんの死と向き合ったり生命の危機状態である方の看護を行います。
そういった環境からどんどん精神的な負担が大きくなりうつ病となってしまうのです。

002

疲労の次に多いのが人間関係です。
人間関係と一言で言っても色々あります。
上司や先輩、同期、医師、患者やその家族など様々な方と関わらなければいけない看護師の仕事は本当に大変ですよね。
最近では、訴訟を起こされる事件もたくさんあります。

看護師の一言一言や看護記録もきちんと自分はしているつもりでも、患者やその家族の受け取り方が違うことも多々あります。
そのため、裁判になってしまうこともあるのです。
そんなこと考えながらを仕事をするのは負担がかかりますよね。
考えなくても良いのなら考えたくないものです。

他人の命を預かっている以上、ある程度の緊張感を保つことは大切なことだと思います。
ですが、時にその緊張感から解放することでうつ病を発症せずに済むのです。

また別に人間関係がしんどいなら看護師のアルバイトやパートでも十分食べていけるのです。
そういう逃げ道があることもしっかりと知っていきましょう。

自分自身が精神的にナイーブだと思う方は、自分自身でできる限りストレスを発散させるように心がけてください。

看護師のうつ病対策!うつ病になる前に転職の勧め!

028

看護師をしている方の中で精神的な負担によりうつ病になってしまう方もいらっしゃいます。
看護師をしていてもうつ病になるの?と思う方もいらっしゃるかもしれません。

でも、誰もがなりえる病気がうつ病です。
では、うつ病にならないためにはどのようにすればいいのか?

 

①仕事の事をプライベートに持ち込まない

HG146

可能であればこれが一番です。
仕事で嫌なことがあっても、仕事だと割り切って持ち込まないようにしてください。
持ち込んでしまうと、四六時中そのことを考えなければいけません。
その考えが続くことでどんどん精神的な負担が増えていってしまいます。
ですので、出来る限りプライベートの時間は仕事の事を考えず、自分の好きなことをしてください。
好きなことは何でも構いません。
カラオケに行って大声を出したり、友達と食事に行っておいしいご飯やお酒をのむなど自分の好きなことをいっぱいしてください。

 

②運動をしてください。

GW062

運動って何をすればいいの?と思うかもしれません。
なんでもかまいません。
運動が苦手な方はウォーキングを行うでも構いません。
汗を流すことに意味があるのです。
また、運動して汗をかいているときって、何も考えなくて済みますよね?
そういった時間を作ることが大切です。

 

③仕事がどうしても無理な時は転職を考える。

125

今の職場にずっといなければいけないことはありません。
また、看護師の資格を持っていれば転職を簡単にできるのも特権です。
ですので、無理して働くのではなく、自分に合った職場を探すことも大切です。
これは、逃げではありませんからね。
うつ病になる前に、対策を立てて実行することは大切なことです。

参考 ハローワークや転職サイトで転職可能

 

④相談相手を見つける。

132

自分1人で抱え込むようなことはしないでください。
誰かに話を聞いてもらうことをお勧めします。
ですが、このとき注意しておかなければいけないのが、安易に職場の人に話をしないことです。
自分は信用して話したとしても、相手の人は他の人に話してしまうこともあります。
そのため、本当に信用できる友人や家族などに相談したほうが安全かと思います。
それでも、相談相手がいない方は、転職サポートコンサルタントに相談することをお勧めします。
こちらは、転職のプロですし、守秘義務もきちんと守ってくれます。
そして、アドバイスもしてくれますので、安心してお任せすることができます。

看護師の仕事は精神的な負担が大きいですが、出来る限り負担を緩和しうつ病にならないようにしてください。
なにより、頑張りすぎないことです。
リラックスをして、時に人を頼ることも大切かと思います。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>